ぶらっと神戸
 
 
 
岡本南公園のササベザクラ(2)
2013/04/03
左:ササベザクラ
中:オカモトザクラ(桜守桜)これは花の周りがほんのりピンクなんです。
  そしてほんのり甘い匂いがありました!
右:ヤエベニシダレ

すてきな桜たちでした。

  

岡本南公園のササベザクラ(1)
2013/04/02
阪急岡本駅から北西に3、4分歩くと、住宅街に小さな公園があります。
ここは桜の研究家笹部新太郎氏(1887〜1978)の邸宅跡で、氏の作出されたササベザクラがいっぱい!
ソメイヨシノは1本もありません。
こぢんまり、ほっこりしていて、子どもたちも解放されて走り回り、
ベンチでお弁当広げる人あり、もちろんカメラを構える人あり。
右がササベザクラ。ピンクの濃いのや薄いのやありました。
阪急の線路に近い入口から入るとひときわ濃い色の実生のササベザクラが迎えてくれます。

  

満開!
2012/04/12
生田川沿いの桜、今日が満開でした。
新神戸駅前です。
青空と桜の取り合わせ、心がのびやかに弾みますね!

  

王子動物園の桜
2012/04/10
やっと咲きました、桜。
明日は雨という予報で、王子動物園に行ってきました。
9分咲きという感じ。ピンクの綿菓子の中を歩いているみたいでした。
旧ハンター邸が公開されていて、2階の窓から桜と観覧車が見えました。
動物と桜を撮ろうとしたのですが、・・・難しい!
右はフサオマキザルと桜です。

  

日本マラソン発祥の碑
2011/11/06
神戸が日本のマラソン発祥の地とは知りませんでした。
明治42年(1909年)に神戸−大阪間約20マイル(約32キロメートル)を走った「マラソン大競走」が行われ、これがマラソンという名のついた最初の大会だとか。
その碑があると聞いて、行ってみました。
三宮、神戸市役所の前です。
期待した古いものではなく、スマートなものでした。
すぐ南の東遊園地でひとやすみ。
12月にはルミナリエの終点となるこの公園も少し秋色に染まっていました。

  

王子動物園の夜桜
2010/04/02
初めて王子動物園の「夜桜通り抜け」に行って来ました。
4月1日(木曜)〜3日(土曜)に、ライトアップされているのです。
もちろん入園は無料!
今日は中日で人手はまずまず。でも寒〜い!
動物たちのところには行けません。
もうお休みタイムなのでしょうね。
唯一アシカの池でアシカたちに会いました。

約480本のソメイヨシノがあるそうです。
ほとんど満開のもあれば五分咲きくらいのもありました。
週末が見ごろでしょう。

  

須磨離宮公園・花しょうぶ園
2009/06/11
見ごろです。
須磨離宮公園の花しょうぶ園は大きくはないのですが、かえって楽しめます。
バラを見て、花しょうぶを見て、植物園に行って、ゆったりできました。
離宮といっても、建物は空襲で焼けてありません。
戦後神戸市に下賜され整備されたところです。
植物園も某富豪の邸宅跡です。
あじさいもたくさんありましたが、まだちらほらでした。

  

須磨離宮公園*バラ園
2009/06/11
須磨離宮公園に行ってきました。
フランス式庭園の、噴水の周りがバラ園です。
それも離宮だけあって、王侯貴族のバラがいっぱい!
ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ、クィーン・エリザベス、プリンセス・ド・モナコなどなど。プリンセス・ミチコやマサコもありました。
マリア・カラスは大きい真紅のバラ、カトリーヌ・ドヌーブは華麗な感じ。
黄色は主に男の人の名前がついていました。

  

保久良梅林
2009/03/10
またまた梅です。
前回の岡本梅林から北へ、岡本八幡神社の横からゆるい山道を15分くらい、途中までは舗装されていて、散歩に毛が生えたくらいの山道です。保久良神社の隣に梅林はあります。
紅梅白梅約250本あるそうですが、咲き誇っていました。
ここにもメジロがきて、花にくちばしを入れてチュッチュッと蜜を吸っていました。(写真右)
帰りは保久良神社を経て、東側へ下りました。こちらは全部舗装で、蛇行して傾斜を緩くしている分、道は長いです。桜の木もいっぱいあって、お花見にもよさそう。
どちらの道も、山に入るまでは閑静な住宅地。梅の岡本の名に恥じぬよう(?)、お庭には梅が植えられていて、楽しめます。

  

今が見ごろ、岡本梅林公園
2009/02/25
阪急岡本駅から北西へ7〜8分、岡本梅林公園は閑静な住宅地にある小さい公園です。37種、153本あるそう。めじろ(かな)が2羽、忙しく花にくちばしを突っ込んでいました。ウグイスじゃなくて残念。

  

ことしのルミナリエ
2008/12/11
ルミナリエのシーズンがやってきました。
終点の東遊園地側から撮りました。
昨晩は暖かくて、人出もなかなかのものでした。

  

カマキチくん2
2008/08/21
カマキチくんは7月12日夕方までたしかに柿の木に滞在していました。
多分、1ヶ月くらい同じ場所にいました。いつ見ても、同じ葉っぱの上か下かあるいはその近くに・・・。
ところが、7月13日朝には彼はいなかったのです。家を出て冒険の旅に出たのでしょうか?

8月20日夕方です。いました!茄子の木の上に。すっかり大きくなって。
翌日、もちろん姿はありませんでした。また会おうねっ!

  

カマキチくん1
2008/07/10
タケハラ一家の狭い前庭の柿の木に、一匹のカマキリが棲んでいます。
カマキリだの柿の木だのというと、とても田舎みたいですが、
神戸市灘区もど真ん中、阪急より南、JRより北の住宅地です。
お向かいのボクがたまごを持っていたのかと思いましたが、そうではないそうです。
お向かいのハーブの中にも3匹いるそうです。
左が7月2日、右が7月9日です。
柿の木は2年ほど前に干し柿が作りたくて苗を植えた渋柿で
まだ1メートルほどしかありません。
カマキチくん、無事大きくなって、蚊をたくさん食べておくれ。

  

ぶらっと御影2
2008/07/10
阪急御影の線路の一本南の道、ローソンの角を東へ向かうと
すぐこんもりとした木立が見えてきます。
両側同じ石の塀(御影塀と言うそうです)の右が弓弦羽神社、左が香雪美術館。
朝日新聞の創設者、村山龍平翁(号香雪)のコレクションです。
刀剣、仏画、墨蹟、茶道具等が主なもので、人も少なく、ゆったり落ち着けます。
でも今やっている、
「水墨と青磁・染付・金襴手など」は13日(日)まで。
それからしばらくお休みで
9月13日(土)〜10月13日(月・祝)   「刀剣・甲冑の名品」
10月18日(土)〜12月14日(日)     「茶の湯 藪内流」

この辺り道が曲がっているようで、ぶらぶら歩いていると迷いますが、
それも楽しい散歩道です。

写真中 門を入ると木立の向こうに美術館の建物が。
写真右 付近の道。

  

ぶらっと御影1
2008/07/03
阪急御影の北側、深田池公園の西南角の階段をトントンと
下りたところから始まる閑静な一角。
竹垣、いつもきちんと整備されている。大変だろうなあ。
緑がうつくしく、穏やかな気持ちになります。
道はどんどん細くなり(写真右)、
郵便配達の赤いバイクが道一杯に走り抜けていきました。
香雪美術館(次回ご紹介します)の帰り散歩して、
お茶、というのがいいコースかと。